レーザーによる近視治療法「レーシック」との出会い


<レーザーによる近視治療法「レーシック」との出会い>

la-29.gif

レーシック(近視レーザー手術)を受けた体験者の多くは、レーシック(近視レーザー手術)を受けるきっかけとして地下鉄沿線の広告、雑誌、新聞、インターネットなどで見かけたキャッチフレーズによってレーシック(近視レーザー手術)に興味を持ったようです。


「視力が0.1から1.5に・・・」「近視がレーザーで治る・・・」など、最近どこでも見かけるようなキャッチフレーズでレーシック(近視レーザー手術)の存在を知り、インターネット検索などでレーシック(近視レーザー手術)について調べれば調べるほどその魅力と実力を知り、体験者による実録記事を読んだり、芸能人や周りの知人がレーシック(近視レーザー手術)を受けたと知ると、もうじっとしていられなくなるようです。


近視になって長年何かと不便を感じていた人なら誰でも以前から「レーザーで近視が治る」と言う「うわさ」は耳にしていたはずです。ただ、最近になるまでレーザーで近視を治したという有名人や知人が少なかっただけで、あまり普及していないように見えただけなのです。


しかし、最近では有名な芸能人やスポーツ選手などをはじめ、若い人を中心にレーシック(近視レーザー手術)が急速に普及し、さらにはコンタクトレンズの長期使用が角膜内皮細胞の死滅を早めることが判明するなど、さらにレーシック(近視レーザー手術)に興味を持つ方が多くなっているようです。


la-34.gif


また、賢明な方は無料の適応検査(約10項目の精密検査:所要時間約2時間半)を受け、自分の角膜がレーシック(近視レーザー手術)に適応しているがどうかを検査してもらってから、どこの眼科クリニックで手術を受けるかをインターネット等で慎重に選択しているようです。





 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ