レーシック手術時の体験記録(1)


<レーシック手術時の体験記録(1)>


いよいよ手術当日になると、そのほとんどの方が緊張するようです。胸の鼓動がドキドキと手に取るようにはっきりと分かるようになるようです。


しかし、レーシックを受けた人のほとんどの方がそうだったようですので心配する必要はありません。


受付で手術費用の支払いと同意書の記入などの事務手続きを済ませましょう。


その後、最後の眼の診察を行ない手術室に案内されます。


そこで、手荷物をロッカーに預けてから手術用の帽子と服を着て、靴を脱いでから手術室に入ります。


イントラレーシックを受ける方は、まずはフラップ作成用のイントラレースFSレーザーのある部屋に入り、手術台に上向きに寝ます。


看護師さんからは「手術中は機械の中心部にある赤い点を見つめていてください」と言われますが、心配な方は「眼が動いてしまったらどうしよう」と思うかもしれませんが安心してください。


最近では眼が多少動いてずれてしまっても眼の動きを自動追尾するシステムが搭載されてますので正確に照射されますので安心です。


執刀眼科医が入室すると開眼器でまぶたを固定し、すぐに右目からスタートします。「1分間ほどそのままでいてくださいね」と言われ、レーザーが照射され、目の前が真っ暗になってしまいます。


しかし、空かさず執刀医からは「真っ暗だと思いますが順調です。あと10秒ほどで終わりますよ。」と言って安心させてくれます。


この間は、痛みはほとんど無くただ開眼器の脱着時に多少の圧迫痛を感じる人がいるようです。


同様に左眼もレーザー照射によるフラップ作成が行われますが、両眼の終了時には目の前が真っ白に変化してほとんど何も見えない状態になります。


しかし、ここでもタイミングよく「真っ白になって何も見えないと思いますが、きれいに終わった証拠ですから安心してください。」と言って安心させてくれます。


イントラレースFSレーザーによるフラップ作成が終わると看護師さんに誘導され別の部屋でしばらく角膜が落ち着くまで安静にします。


そして今度はエキシマレーザーによる角膜矯正です。


 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ