レーシックを受けるなら必ず手術給付金の確認を!


<レーシックを受けるなら必ず手術給付金の確認を!>


la-23.gif


もし、あなたが生命保険や医療保険に加入していれば、レーシック(近視レーザー手術)を受けることによって手術給付金がもらえるはずです。


生命保険会社によってレーシック(近視レーザー手術)の取り扱いが多少異なりますが、多くの場合、レーシック(近視レーザー手術)は手術給付金の対象になっている可能性があります。


加入した時期や生命保険会社、保険の種類にもよりますが、一般的に1回の手術に対し3万円〜10万円の手術給付金が支給されるはずです。


どれだけの手術給付金が支払われるのか、片眼に対して行った場合や両眼同時に行った場合にはどのような支払いになるのかは加入している保険会社に問い合わせる必要があります。


また、お問合せの際の正式なレーシックの手術名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」もしくは「エキシマレーザーによる近視矯正手術」と答えてください。


もし幸運にもレーシック(近視レーザー手術)に対し手術給付金が支払われる場合には、保険会社へ手術給付金の請求をするわけですが、その際には眼科医による診断書が必要になります。


多くの保険会社では専用の給付金申請書がありますので、その書類をお取寄せて準備する必要があります。


保険会社専用の診断書フォームがない場合は、レーシック(近視レーザー手術)を受ける眼科クリニックの診断書を書いてもらいましょう。


これらの診断書の作成には一般的には有料ですが、眼科クリニックによっては無料で行なっているところもありますので確認する必要があります。

手術給付金が支払われる場合には、レーシック(近視レーザー手術)を受ける際に必ず診断書を書いてもらいましょう。


診断書を書いてもらったら、保険会社へ必要書類と共に提出します。


<手術給付金をもらうための手順>


●自身が加入している生命保険会社に問合せを行う。
(レーシック(近視レーザー手術)の正式名「レーザー角膜屈折矯正手術」)

●保険会社専用の診断書を取り寄せておく。

●レーシックを受ける眼科クリニックへ診断書フォームを提出する。

●診断書が手元に届いたら保険会社に提出。

●手続き終了後、指定の銀行口座に給付金が支払われます。





 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ