なぜ?これまでレーシックが日本で流行しなかったのか?


<なぜ?これまでレーシックが日本で流行しなかったのか?>

RK01.gif

近年になって裸眼視力を手に入れることの出来るレーシック(近視レーザー手術)が大変人気を呼んでいます。世界中ではすでに大流行しているのですが、ここ日本では最近になってようやく急速に普及しだしているのです。


なぜ、日本ではこれまでレーシック(近視レーザー手術)が大流行していなかったのでしょうか?


それは過去における日本での角膜に対する近視矯正手術の悪評判があったからなのです。


日本では視力回復のための角膜手術へのチャレンジは世界を先駆けて早く、しかも、一時期は大成功したかのように思えたのですが後になって角膜が濁ってしまうなどの後遺症が発生し、その悪評判が一気に日本中に広がってしまったからなのです。


その昔は、「眼の角膜に放射状にメスを入れて・・・」とかいう近視矯正方法を耳にしたことがあると思います。さらには、数年前から「眼の角膜に直接レーザーを照射して・・・」という近視への視力回復手術も紹介されていましたが、反応は今一だったのです。


これらの言葉を聞くと、どちらかというと過去の角膜手術の悪影響が頭を過ぎりマイナス思考になっていたのです。


しかし、最近の近視治療方法であるレーシック(近視レーザー手術)は素晴らしく、その精度はさらに向上し、信頼を飛躍的に回復しています。


しかも、手術時や手術後の痛みもなく、入院の不必要で、両眼で約20分程度で済んでしまいます。なんといっても、過去における合併症対策もしっかりとクリアされており、安全性・信頼性が格段に向上しているのです。


新しく生まれ変わった安全性・信頼性を勝ち得たレーシック(近視レーザー手術)は、芸能界をはじめ各界の有名人に広がり徐々に普及しだしたのです。


各界の有名人がレーシック(近視レーザー手術)を受けてその安全性が実証されたとなると、一般市民にもそのうわさが広がり、手術価格もお手ごろ価格になるとこれはもう普及しないはずがありません。


こうして現在では、ここ日本でも数十万人もの方々がレーシック(近視レーザー手術)を受けて裸眼生活をエンジョイしているのです。


その証拠に、私たちの周りのメガネやコンタクトレンズを使用していた人たちがいつの間にか裸眼で生活している人たちが増えてきていませんか?





 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ