レーシックの失敗・合併症・後遺症・問題点について


<レーシックの失敗・合併症・後遺症・問題点について>


la-26.gif


レーシック(近視レーザー手術)は現在のところ最も安全な屈折矯正手術として確立されています。


しかし、それでもレーシック(近視レーザー手術)を受けた人の数パーセントの方に失敗・合併症・後遺症などのトラブルが発生し問題になることがあります。


アメリカの統計結果でもレーシック(近視レーザー手術)を受けた人の全体の1%以下ですが何らかのトラブルが発生しています。


レーシック(近視レーザー手術)を受けるからには、手術を受けることによって受ける失敗・合併症・後遺症などの問題点に対しても知っておく必要があります。


しかしながら、角膜に対して行う手術なので失明に至る重大な例はほとんど無く、一定の時間を置くか通院するなどの治療によってほぼすべて回復するようです。


<レーシックによる実際の失敗>


実際のところレーシック(近視レーザー手術)による失敗には手術中に発生するものと術後に発生するものがあります。


手術中に発生する失敗の多くは機械操作による失敗です。


通常のレーシック(近視レーザー手術)で用いられているマイクロケラトームの操作を誤ってフラップを切断してしまう例や、均一に剥離することができずフラップの所々に穴が開いてしまう例などがあったようです。


しかし、現在ではマイクロケラトーム技術も進歩発展し上記のような操作ミスはほとんどなくなったようです。


また、術後の失敗例としては「近視の戻り」や「フラップのずれ」などがありますが、これらは期間をおいて再手術が可能な場合があるようです。





 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ