レーシック術後の経過について


<レーシック術後の経過について>


la-14.gif


レーシック(近視レーザー手術)では手術自体も大切ですが術後もとても大切です。


レーシック(近視レーザー手術)は視力の回復が速く、痛みもないので一見完治したかのように思いがちですが、まだフラップが元の角膜に密着しておらず完全に固定するまでの間は十分に注意が必要なのです。


フラップが安定するには手術後約1ヶ月くらいはかかりますが、それでもまだ完全に接着したわけではありません。視界のクリア感が不足したり、夜間の光源のにじみやブレが残っていることもあります。


術後3ヶ月くらい経過すると、最初に感じていたゴロゴロ感や違和感も消えてきます。しかし、残念ながらまだ完全に元の状態には戻っていません。


角膜の状態はまだ変化する可能性が残っています。乱視が残っていたり、視力が低下してきたりしても「近視の戻り」と判断して追加矯正を急ぐべきではありません。


術後6ヶ月を過ぎた時点で、ようやくフラップもしっかりと密着して安定して来るようです。そして、フラップが元の状態に戻るのは術後1年以上経過してからになります。


しかし、角膜の厚さは当然以前に比べれば薄くなっているので、強度的には元の眼の状態よりも弱くなっているので眼への負担などは以前に増して注意してあげてください。






 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ