レーシック手術後の注意事項


<レーシック手術後の注意事項>


la-25.gif

レーシック(近視レーザー手術)は手術が終わったら、それでもうお仕舞いとは行きません。


手術直後には手術が上手く行ったかどうかの確認と患者の眼の状態を確認します。


視力回復の程度には個人差がありますので、ここでの主な目的は「視力がどの程度回復しているか」、「手術後の眼の状態に異常はないか」を、再チェックします。


レーシック(近視レーザー手術)では、術後も定期的な眼の診察・検査が必要で後遺症・合併症の予防と確認が行われます。


la-16.gif


定期健診は、眼科クリニックによって多少異なりますがおおよそ手術当日、翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、半年後、1年後です。


*長期的な定期健診がありますが、一部の有名眼科クリニックでは最寄の眼科クリニックで定期検査を受けられるように紹介状を作成してくれる施設があります。これはありがたいシステムです。


その間は注意して自分の眼の状態に気を配ってあげる必要があります。
あなたの大切な眼です。しっかりと定期健診を受けましょう。


<レーシック手術後の注意事項>


●約1週間程度は外出時には、眼を保護するために保護用サングラスを着用しなく
 てはなりません。
 (特に保護サングラスに抵抗を感じる方は休暇を取っておいた方が良いと思います)

●睡眠中に眼を擦る可能性があるので、就寝中は保護用カバーの着用が必要です。

●感染症予防のための内服薬や点眼薬の使用・容量は厳守すること。

●角膜の治癒回復が遅れるため飲酒、喫煙は最低3日間は控えなければなりません。

●眼に負担のかかるスポーツは角膜が完全に接着するまでの期間約1ヶ月くらいは
 控えます。

●夜間、光源の周りがぼやけて見えるので車の運転はなれるまで数週間は控えます。

●眼に衝撃が加わりフラップのずれが発生した可能性がある場合には直ちに
 眼科クリニックに診察する必要があります。


その他、詳しい内容は眼科クリニックの担当医におたずねください。





 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ