レーシック手術の実際(手術の手順)


<レーシック手術の実際(手術の手順)>

l-3.gif


レーシック(近視レーザー手術)は長きに渡る近視生活から開放させてくれる画期的な視力矯正方法ですが、一般的な外科的手術と何ら変わりはありませんのでとても気になる部分です。


レーシック(近視レーザー手術)を受けた多くの経験者はやはり手術直前には恐怖を感じたようです。


しかし、手術が始まって約20分が経過して手術が終わってしまうと、「これで終わり?」と、あっけなく思うようです。


所々で圧迫痛を感じたり焦げ臭かったりすることがあるようですが、耐えられないような痛み、匂いではないようです。


では、実際に手術当日ではどのような手順でレーシック(近視レーザー手術)が行われるのかを説明しましょう。


<レーシック(近視レーザー手術)の実際>


1.まず、手術の前室のような部屋で眼球の洗浄を行い、点眼による麻酔が行なわれます。麻酔の効果が現れるまで数分間待たされ、その後手術室へ案内されます。


2.次に手術台に寝かされ開眼器で眼を大きく開かされまぶたが固定されます。
  開眼器によってその後一切瞬きはできなくなります。
 

3.その後、執刀担当医の指示と共に眼が吸引されて固定されてしまいます。この際に少人数ですが、痛みを感じる人や気分が悪くなる人がいるようです。しかし、耐えられないようなひどいものではないようです。


4.固定された眼球表面の角膜にマイクロケラトーム(超小型金属刃)により厚さ100〜150μ前後のフラップが作成されます。


  この操作にはかなりの熟練を要しますが、熟練した眼科医が行うと綺麗に仕上がり
  ます。また最近では全自動式のマイクロケラトームが開発されその精度が向上して
  います。


  このフラップを作成する際には細菌やホコリの混入が問題となりますが、安全第一
  に考える眼科クリニックでは手術専用クリーンルーム内で手術が行われています。


  *イントラレーシックでは、FSレーザーによるフラップ(約90μ厚)作成後、しばらく
    リラックス室で角膜を落ち着かせてからエキシマレーザーによる照射が行われ
    ます。(手術過程がワンステップ多くなり、時間も十数分程度多くなります)


5.フラップをめくりコンピューター制御されたエキシマレーザーが照射されます。


l-6.gif


  このとき光の中心を見つめるように指示されますが、最近では眼球の微細な動きを
  自動追尾するシステムが開発されており、レーシックでは必需品の機器となってい
  ます。しかし、地方では未だに未導入のところがありますので要チェックです。
  (このレーザー照射の時には、髪の毛が焦げるようないやな匂いがするそうです。)


6.エキシマレーザー照射後、フラップをもとの位置に戻し数分間じっとしているとフラップは自然と接着します。その後に再び洗浄消毒して終了です。


7.手術終了後、休憩室で30分ほど安静にしてから再び手術の仕上がり具合を確認して異常がなかったら帰宅できます。 
 


  (手術後は眼を保護するための専用メガネを必ずしなくてはならないことと、眼がし
  みて思うように眼を開けていられないので誰か付添いの人と来院することをおすす
  めします。)

手術当日は特に何も制限はありませんが、術後数時間は涙が止まらない場合があり、眼のしみる痛みとゴロゴロ感があるかもしれません。


レーシック(近視レーザー手術)を受けた方の多くの方は、手術当日には目がしみて思うように開けていられないので、付き添いの方と眼科クリニックを訪れた方が良かったと言っています。

そして、できるだけ手術当日は眼に負担がかからないように早めに寝たほうが賢明です。就寝用の保護カバーをお忘れなく!

翌日の朝。この時こそ多くの方が声をあげて最も感激する瞬間です。


メガメもコンタクトレンズもしないで眼をそーっと開けると信じられない視界が広がります。これまでぼーっとしか見えなかったいつもの光景がはっきりと見えるのです。


感激ひとしおのはずです。





 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ