◆◇◆ レーシックの実際と注意点 ◆◇◆

kensa00.gif

いざレーシックを受けようと決心した時、最も気になるのが手術の内容です。実際にどのような操作手順で行なわれているのか、また手術を受ける際にはどのようなことに注意すれば良いのかが気になります。もちろん手術後のアフターケアや注意事項をしっかりと把握しておきましょう。

レーシックの実際と注意点一覧

 レーシックを受ける前の注意事項
レーシック(近視レーザー手術)を受ける際には裸眼時の正確なデータが必要になりますので、ソフトコンタクトレンズを使用している場合には1週間前から、ハードコンタクトレンズを使用しているのであれば2週間前から、コンタクトレンズの使用を中止しメガネ過ごす必要があります。
 この記事の詳細を見る...
 レーシック手術の実際(手術の手順)
レーシック(近視レーザー手術)は長きに渡る近視生活から開放させてくれる画期的な視力矯正方法ですが、一般的な外科的手術と何ら変わりはありませんのでとても気になる部分です。
 この記事の詳細を見る...
 レーシック手術後の注意事項
レーシック(近視レーザー手術)では、術後も定期的な眼の診察・検査が必要で後遺症・合併症の予防と確認が行われます。
 この記事の詳細を見る...
 レーシック術後の経過について
フラップが安定するには手術後約1ヶ月くらいはかかりますが、それでもまだ完全に接着したわけではありません。術後3ヶ月くらい経過すると、最初に感じていたゴロゴロ感や違和感も消えてきます。しかし、残念ながらまだ完全に元の状態には戻っていません。
 この記事の詳細を見る...
 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ