アイトラッキングシステムの導入をチェックする


<アイトラッキングシステムの導入をチェックする>

la-32.gif

アイトラッキングシステムとは、レーシック(近視レーザー手術)時のエキシマレーザーを角膜に照射する際に、眼球の微細な動きに合わせて照射位置を自動追尾(アイトラッカー)し、照射ずれを防止するするための装置のことです。


この装置は、眼球の瞳孔中心部を赤外線モニターで検出して眼球の微細な運動を検知します。そして常にレーザー照射位置を補正しながら正確に照射してくれます。


以前は、レーシック(近視レーザー手術)において執刀医が毎回手動で瞳孔中心を合わせていたので、エキシマレーザーの照射位置に微妙なずれが発生してようですが、現在ではこのアイトラッキングシステムのおかげでより正確に照射できるようになりました。

つまり、この装置があれば手術中に眼が動いてしまっても自動的に眼の動きを追尾しますので、常にエキシマレーザーが瞳孔中心に照射されて照射ずれが起きにくくなっています。


実際のレーシック(近視レーザー手術)の際には、執刀医が患者にエキシマレーザーの赤いポイントをしっかり見つめるようにと指示しますが、追尾できな大きなずれが生じた場合にはエキシマレーザーは自動的にストップするようになっています。


アイトラッキングシステムが導入されていれば、正確な位置にレーザー照射が可能なので精度の高い矯正を行なうことができ、より良い視力結果を得ることが可能になります。


最近では、ほとんどのメーカーにこのアイトラッキングシステム機能が実装されており、レーシック(近視レーザー手術)においては必須の装置となっています。





 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ