レーシックをおすすめできない・受けられない人


<レーシックをおすすめできない・受けられない人>

la-22.gif


近視や乱視、遠視の屈折異常で悩んでいる人すべてにおいてレーシック(近視レーザー手術)が受けられるとは限りません。実際に眼科クリニックを訪れる4〜5人に1人はレーシック(近視レーザー手術)を受けることができないと言われています。


イントラレーシックではレーシックよりも適応範囲の可能性が広がりますが、それでも対象外の方はいるようです。


また、メガネやコンタクトレンズの使用で何ら不便を感じていない人はレーシック(近視レーザー手術)を受ける必要はありません。


当然のことですが、既に眼に病気を持った人や手術を行うことによって合併症や後遺症を引き起こす可能性が高い場合には危険が伴ないますのでレーシック(近視レーザー手術)は受けさせてもらえません。


では、いったいどのような方がレーシック(近視レーザー手術)不適応となるのでしょうか?


【レーシック(近視レーザー手術)不適応項目】

◆メガネやコンタクトレンズを使用しているが不便を感じていない人
◆18歳未満の方( 眼球が成長過程にあるため。)
(※20歳未満の場合には家族の同意が必要です)
◆遺伝的な要因や生まれつき弱視の人
◆円錐角膜、アレルギー性結膜炎、強度のドライアイの人
◆角膜の厚さが薄い方、−6D以上の強度近視の人
◆白内障、緑内障、網膜はく離などの人
◆眼の病気の方
( 白内障、網膜疾患、緑内障、円錐角膜、角膜ヘルペス、視神経障害など。)
(※症状によっては、手術可能なケースもあります。)
◆全身性の慢性疾患(全身性血管炎、糖尿病、肝炎、膠原病、アトピーなど)の人
(糖尿病・肝炎・膠原病などは角膜の再生や治癒が遅くなるため受けられません)
◆抗精神薬を使用している方
◆妊娠中の方(ホルモンのバランスが不安定なため。)
◆授乳中の方(使用する眼薬が母乳に与える影響が不明なため。)
◆妊娠していて、ホルモンのバランスが不安定な方。
◆近視の進行が止まっていない人
◆60歳以上の高齢の人(老眼は対象外となります)
◆近視度数が -14D(-15D)、乱視度数が -6.0Dより強い方。
◆屈折矯正手術の許可されていない職業の人
◆その他の内科的疾患がある人(医師と相談してください)
◆ボクシングやその他の激しいスポーツをする人
(※他の視力矯正方法「PRKやエピレーシック」で対応可能です。)


レーシック(近視レーザー手術)を受ける場合、現在の自分の眼の状態を自己判断せずに眼科クリニックで行っている適応検査を受けてみることをおすすめします。


無料で行なっている施設がありますので積極的に有効活用しましょう。






 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ