まずは適応検査から


<まずは適応検査から>

l-5.gif


レーシック(近視レーザー手術)で裸眼視力を回復しようと思ったら、まず最初にやらなくてはならないことは術前の適応検査を受けることです。


すべてはこの手術前の適応検査から始まります。


レーシック(近視レーザー手術)の前に患者の眼の状態を調べるために、眼球の状態や角膜の厚さなどの詳細を検査します。さらには眼の病気の有無についても同時に検査し、レーシック(近視レーザー手術)に適合しているかどうかを確認します。


この適応検査の時点で生まれつき角膜の薄い人や、普通の角膜の厚さでも強度近視のため矯正するための角膜厚が足りない人などはレーシック(近視レーザー手術)を受けることができません。


しかし、マイクロケラトームを使用する通常のレーシックの手術が不適合でも、FSレーザーを使用するイントラレーシックを行えば裸眼視力を手に入れられる可能性があります。


また、PRKやエピレーシックなどの通常のフラップを作成しない特殊なレーシック(近視レーザー手術)を行った場合にも裸眼視力を得ることも出来ます。


レーシック(近視レーザー手術)で裸眼視力を得る場合には、自分の眼球や角膜の状態によって受けることのできるレーシックの種類が決まってしまう場合があるのです。


通常の角膜の厚さで眼病などのない場合には、通常のレーシック、最新のイントラレーシック、PRK、エピレーシック、さらにはウエーブフロントレーシックなどのオプションの追加も可能です。


la-4.gif


残念ながら角膜の薄い方は通常のレーシックは受けることができませんが、イントラレーシック、PRK、エピレーシックは可能な場合があります。しかし、ウエーブフロントレーシックなどのオプションは追加できない可能性があります。


当然、ボクシングや空手などの格闘技を行う人は、角膜の強度を落とすことができませんので必然的にPRKやエピレーシックが選択肢になってしまいます。


このように、いざ実際にレーシック(近視レーザー手術)を受けようと思っても様々な条件が立ちはだかる場合があります。


もし、あなたがレーシック(近視レーザー手術)を受けるかどうか迷われているのなら、決心する前に有名眼科クリニックなどで行っている無料適応検査を受けて、レーシックが本当に受けられるかどうかを確認してから手術を検討した方が賢明だと思います。


せっかく悩みに悩んで、いざレーシック(近視レーザー手術)を受けようと思っても、眼科クリニックを訪れて適応検査を受けた時に不適応と告げられたらかなりショックを受けますよ!


どうせ迷うなら全国各地で行われている無料適応検査を大いに利用して、自分がどのレーシックを受けられるのかを確認してから検討しましょう!




 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ