◆◇◆ まずは適応検査から ◆◇◆

kensa00.gif

レーシックを受けようかどうか迷った時、まず最初に行なうべきことは適応検査を受けることです。なぜなら、せっかくレーシックを受けようと決心しても適応検査でダメな場合があるからです。とにかくレーシックが受けられるかどうかの確認してから手術の検討を行った方が賢明です。

まずは適応検査から一覧

 まずは適応検査から
レーシック(近視レーザー手術)で裸眼視力を回復しようと思ったら、まず最初にやらなくてはならないことは術前の適応検査を受けることです。
 この記事の詳細を見る...
 なぜレーシックには角膜の厚さが重要なのか?
インターネット上のレーシック関連サイトを調べても、レーシックには角膜の厚さが重要で角膜の厚さが薄い人はレーシックが受けられないと記載されています。それはいったい何故なのでしょうか?
 この記事の詳細を見る...
 レーシック(近視レーザー手術)はこんな人におすすめ
レーシック(近視レーザー手術)は、全ての人が受けられるわけではありませんが、レーシック(近視レーザー手術)はこんな人におすすめです。
 この記事の詳細を見る...
 レーシックをおすすめできない・受けられない人
近視や乱視、遠視の屈折異常で悩んでいる人すべてにおいてレーシック(近視レーザー手術)が受けられるとは限りません。実際に眼科クリニックを訪れる4〜5人に1人はレーシック(近視レーザー手術)を受けることができないと言われています。
 この記事の詳細を見る...
 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ