イントラレーシックの利点と欠点


<イントラレーシックの利点と欠点>


la-6.gif


最近はマイクロケラトームを使用する従来のレーシック(近視レーザー手術)よりもFSレーザーを使用する最新の技術を導入したイントラレーシックが人気を呼んでいます。


一般的にイントラレーシックによるコンピュータ制御されたFSレーザーを使用してフラップを作成する方法が、従来のレーシック(近視レーザー手術)で使用されているマイクロケラトームで作成するフラップよりも正確で綺麗に仕上がり視界がクリアになると言われています。


しかし、欠点が無いわけではありません。


従来のレーシック(近視レーザー手術)よりも正確で安全といわれている最新のイントラレーシックについてもしっかりと利点や欠点を確認しておきましょう。


<イントラレーシックの利点>

・イントラレーシックではレーシックよりも薄いフラップの作成が可能である。
・均一の薄さで切開面の滑らかなフラップを正確に作成することが可能。
・フラップの大きさ、厚さ、ヒンジの位置など自由に設定可能である。
・フラップを薄くできるためエキシマレーザー照射による矯正範囲が大きく取れる。
・角膜の薄い方や強度近視の方でも裸眼生活を手に入れる可能性が広がった。
・フラップのエッジを垂直にできるためフラップがずれたりシワができにくい。
・ボタンホールやフラップ下迷入など合併症の発生率が減少できる。
・フラップ面を滑らかに作成できるためよりクリアな視力回復が期待できる。
・マイクロケラトームなどの物理的付加がないため眼球へのダメージが少ない。
・フラップ作成時の機械的なトラブルの心配がない。
・従来のレーシックに比べて再手術率が大幅に減少できる。
・角膜が薄く通常のレーシック不適応でも手術可能の場合がある。


<イントラレーシックの欠点>


・機器の導入には高額な金額がかかるため導入している眼科クリニックが少ない。
・蒸散の影響によりレーシックよりもフラップの接着速度が遅い。
・イントラレーザーでフラップ作成後しばらく角膜が落ち着くまで時間がかかる。
・術後合併症「羞明(しゅう明)症:異常なほどに光に対して過敏になる」がある。
・術後のフラップ面に起きるDLK炎症が問題となるが点眼薬で抑制可能。
・新しい方法なので長期的な安全性の保証がない。
・10年後、20年後の長期の影響がわかっていない。


治療を受けるに当たっては、必ずその限界や利点、欠点をよく理解した上で自分に合った治療を選択することが重要です。


 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ