自分のライフワークでレーシック(近視レーザー手術)選ぶ


<自分のライフワークでレーシック(近視レーザー手術)選ぶ>


la-10.gif


あなたはなぜレーシック(近視レーザー手術)を受けたいのですか?


・スポーツをメガネやコンタクトなしで楽しみたいからですか?
・目指す職業で裸眼視力が必要だからですか?
・単なる日常生活において快適な裸眼生活を送りたいからですか?


実はこの「なぜレーシック(近視レーザー手術)を受けたいのか」と言う理由によって、受けるべきレーシックの種類や受けるべき眼科クリニックが決まってくるのです。


ボクシングや空手などの格闘技や、バスケットやバレーボールなど眼に直接打撃を受けてしまうような激しいスポーツでは通常のレーシックやイントラレーシックでは角膜の強度が足りなくなるので、ちょっと特殊なエピレーシックやPRKなどを受ける必要があります。


また、水泳などの眼に負担の少ないスポーツではレーシックやイントラレーシックで構わないのですが、深海へのダイビングによる水圧がかかる場合にはやはりエピレーシックやPRKなどを受ける必要があります。


通常の日常生活では従来のレーシック(近視レーザー手術)で十分なのですが、上記の様なスポーツなどのライフワークを持っている方だと受けるべきレーシックの種類について慎重に選ぶ必要性があるのです。


l-7.gif


裸眼視力を必要とする職業では、まず最初にレーシック視力矯正による裸眼視力で認められているかの確認が必要です。


もっとも芸能界や人前でのサービスを行なう職業の方などは、美容・外見上でレーシック(近視レーザー手術)を受けている人が多いようです。


<まとめ>

●レーシックは自分のライフワークに合った種類を選ぶ必要がある。
●そのためには受けるべき種類のレーシックを行なっている施設を探す必要がある。
●裸眼視力を必要とする職業ではレーシックが認可されているかどうかの確認が必要である。
●日常生活では通常のレーシックもしくはイントラレーシックで十分である。
●格闘技などの眼に打撃が加わる可能性のあるライフワークを持つ人は、エピレーシックもしくはPRKを受けたほうが良い。






 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ