フラップ作成の違いで選ぶ


<レーシック(近視レーザー手術)をフラップ作成の違いで選ぶ>

la-5.gif
レーシック(近視レーザー手術)が近視矯正治療として世に普及した理由のひとつとしてフラップ作成が挙げられます。


角膜表面に角膜上皮を含むフラップを作成することにより、エキシマレーザーを角膜実質層に照射して屈折力を矯正後、フラップを元に戻すことによって術後の痛みや視力の回復時間を短縮することに成功したからです。


ですから、このフラップ作成の良し悪しによって術後の状態に大きな影響を与えてしまうとても大切な過程なのです。


このフラップ作成の違いによってレーシック(近視レーザー手術)はいくつかに分類されています。


◆マイクロケラトームを使用する       →  通常レーシック
◆FSレーザーを使用する           →  最新イントラレーシック
◆エピケラトームを使用する         →  エピレーシック
◆フラップを作成しない            →  PRK


エピケラトームを使用するエピレーシックでは角膜上皮を非常に薄く押しめり、エキシマレーザー照射後に元に戻すのですが、最終的には角膜上皮は再生して入れ替わり、その間PRKと同様、多少痛みを伴なうようです。


PRKはフラップを作成しないため直接角膜にエキシマレーザーを照射して、視力回復には角膜上皮の再生を待つことになります。その間は保護用コンタクトレンズを使用することになります。


しかし、最終的にはエピレーシックもPRKも角膜は再生するので角膜の強度は従来の眼球と同様になります。ですから激しい運動や格闘技など眼に負担がかかるスポーツに向いているわけです。


レーシック(近視レーザー手術)ではマイクロケラトームを使用してフラップを作成するわけですが、昔はマイクロケラトームの刃がとても高価だったので使用後とに滅菌消毒して再利用していたようです。


さらにはマイクロケラトームの操作に熟練を要したので、経験の浅い執刀医ではフラップ厚が不均一だったり、途中に穴が開いてしまったり、最悪ヒンジが作れずにフラップが切り離されてしまったこともあったようです。


しかし、最近ではステンレス製の一眼ごとの使い捨てで、その操作も全自動のマイクロケラトームが開発されています。


また、イントラレーシックでは従来のマイクロケラトームの欠点を補うために開発された高性能のFSレーザーをコンピューター制御のもとでフラップ作成を行うため、フラップのずれはなく、大きさや厚さ、ヒンジの位置などを正確にしかも自由に設定して作成することが可能となっています。


la-6.gif


ただ、FSレーザーを使用したフラップの割面は滑らかで術後の視界はクリアになるのですが、マイクロケラトームを使用したフラップの接着時間よりも若干長引くようです。


<まとめ>

●フラップ作成はマイクロケラトームよりもFSレーザーが正確で綺麗に仕上がる
●マイクロケラトームでも熟練した執刀医が行えば綺麗に仕上がる
●マイクロケラトームも最新式の全自動式が安心できる
●フラップの接着時間はマイクロケラトームしようの方が早い
●激しいスポーツや格闘技ではフラップのない方法が良い




 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ