手術症例経験数の多い眼科医を選ぶ


<手術症例経験数の多い眼科医を選ぶ>

la-3.gif


レーシック(近視レーザー手術)は、角膜表面に作るフラップ作成の有無によって、また、その作成方法によっていくつかの種類に分けることができます。


[フラップを作成する方法]

  ・通常のレーシック(マイクロケラトーム使用)
  ・最新のイントラレーシック(FSレーザー使用)
  ・エピレーシック(エピケラトーム使用)

[フラップを作成しない方法]

  ・PRK


フラップを作成する時、超小型の金属刃であるマイクロケラトームを使用する従来のレーシック(近視レーザー手術)とコンピューター制御されたFSレーザーを使用する方法があります。


そして、これらの中でもマイクロケラトームを使用する際にはかなりの熟練が必要になります。


フラップ作成の際に、フラップの厚さが不均一になったり、途中で破れてしまうしまうことが過去にはあったようです。


la-5.gif

最近ではマイクロケラトームもずい分と進化したようですが、それでも物理的にフラップを作成するので、フラップの大きさや厚さ切開面の滑らかさに注意が必要です。


このレーシック(近視レーザー手術)におけるマイクロケラトームを使用して正確で綺麗なフラップを作成するためにはかなりの経験が必要なのです。


ですから、FSレーザーを使用したイントラレーシック以外のレーシック手術を受ける場合には、経験数の多い執刀医を探すことが大切になります。


美容整形外科グループでもイントラレーシック以外のレーシック(近視レーザー手術)を受ける場合には、担当執刀医の手術経験数を確認した方が良いかもしれません。


しかし、一般の個人眼科医院でレーシック(近視レーザー手術)を行っている施設では施設の手術実績数=執刀医の手術経験数となり非常に参考になります。


マイクロケラトームやエピケラトームを使用するレーシック(近視レーザー手術)に関しては必ず担当執刀医の手術経験数を確認してからレーシック(近視レーザー手術)を受けた方が安心です。


<まとめ>

●最新のイントラレーシック以外のマイクロケラトームを使用したレーシック(近視レーザー手術)を受ける場合には、担当執刀医の手術経験数が非常に重要である。
●通常のレーシックに関しては個人眼科クリニックの実績数が参考になる。





 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ