レーシック(近視レーザー手術)実績数の多い施設を選ぶ


<レーシック(近視レーザー手術)実績数について>


la-2.gif


一般的にレーシック(近視レーザー手術)に限らず手術実績数の多い施設では、それだけ様々な患者の様々な症例について手術を手がけているので、いろいろな事態に対しての適切な対処が期待できるため安心です。


また、施設における手術実績数が多ければ多いほど患者が集まって来ていると言う証拠なので、多くの患者の信頼を集めていることになります。


もしも、手術で失敗した場合などはマスコミや口コミ等により一気にうわさが広がり実績数は伸びません。


手術実績数が順調に伸びていると言うことは、それだけ多くの患者から信頼されてレーシック(近視レーザー手術)を受けていると言う指標のひとつになります。


ですから、一般的にレーシック(近視レーザー手術)を受ける場合でも手術実績数の多い眼科クリニックは信頼できるでしょう。


ただし、注意していただきたいのは施設における手術実績数と手術執刀医の数です。


手術執刀医が少人数の施設の場合では、手術可能な患者数に限界があり、膨大な手術実績数にはなりません。


しかし、少人数の場合では執刀医ひとりひとりの経験数が多くなり、経験豊富で信頼おける執刀医である場合が多いようです。


一方、莫大な手術実績数を誇る美容整形グループの施設では、経験豊富な執刀医も含まれますが、若手の執刀医の存在も多く、眼科医ひとりひとりの経験数はバラバラになっていることが予想されます。


でも、心配はいりません。


なぜなら、大手美容整形外科グループのレーシック(近視レーザー手術)施設では、その手術には最新式のしかも高性能コンピューターで制御されている機器を導入しているからです。


従来のマイクロケラトームと違って手術経験数による熟練度を必要としないからです。


若手眼科医でもボタン操作や機器のチェックなどの比較的簡単な操作で済んでしまうのです。


<まとめ>

●レーシック(近視レーザー手術)実績数の多い眼科クリニックは一般的に信頼できる。
●手術実績数が多く、しかも執刀医数の少ない眼科クリニックが最も信頼できそうである。
●美容整形外科グループのレーシック施設は手術実績数が多いが、執刀医にバラつきがある。




 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ