手術費用の安い施設を選ぶ


<レーシック(近視レーザー手術)手術費用について>


レーシック手術費用


いざ、レーシック(近視レーザー手術)を受けようと考えその価格について調べてみると、各眼科クリニックによって「これって同じ手術なの?」と困惑するくらい手術費用の設定には幅があります。


その原因は、レーシック(近視レーザー手術)は健康保険の対象外の自由診療なので、眼科クリニックの経営方針や考え方によってレーシック(近視レーザー手術)の価格を自由に設定する事ができるからなのです。


ですから通常のレーシック(近視レーザー手術)では眼科クリニックにより両眼10万円前後から50万円以上も開きがあるのです。


一般的に人口密度の多い都心ではレーシック(近視レーザー手術)の需要が多いためその価格は比較的低価格に設定されていますが、人口の少ない地方では需要が少ないため価格は高めになっているようです。


通常のレーシック(近視レーザー手術)に関しては、都会では10〜30万円、地方では30〜50万円前後が一般的のようです。


【ポイント:レーシックは地方より都会の眼科クリニックの方が安い!】


la-17.gif


また、イントラレーシックに関してはその設備費用に莫大な金額がかかるため、大手整形外科グループや有名眼科でしか行われておらず、日本ではまだ4施設のみでしか実施されていません。


現在、イントラレーシックの価格は各眼科クリニックの価格競走のため通常価格とは異なる特別価格やキャンペーン価格を打ち出しているところがほとんどで、両眼で約20万以下が標準的な価格となっています。


このようにレーシック(近視レーザー手術)を行っている地域、手術の方法によっても手術費用は異なってきます。


通常のレーシックより設備投資の多い最新式イントラレーシックの方が一般的に高いはずなのですが、大手の整形外科グループや大手眼科クリニックの価格競争により、地方のレーシックよりもイントラレーシックの方が断然安くなってしまっています。


【ポイント:現在では地方で行われている通常のレーシックより、都会で行われている最新式のイントラレーシックの方が安い!】


さらには、通常レーシックや最新イントラレーシックによる視界をよりクリアにすることが可能なウェーブフロントレーシック(収差と呼ばれる光学的な歪みや不正乱視を矯正する)を追加したい場合には、さらに10万円程度の上乗せが必要になります。


また、信頼できる手術経験数の多い執刀医を指名したい場合にも価格の上乗せが必要になるケースが多いようです。


その他、レーシック(近視レーザー手術)の手術費用に関して、その価格は手術自体だけの価格なのか、その他の検査費用や薬代が含まれているのかをしっかりとチェックしておくも必要です。


有名な眼科クリニックでは、術後の定期検査費用や薬代がレーシック費用に含まれている場合が多いのですが、地方などの眼科クリニックでは別途必要な場合がありますので注意が必要です。


また、地方からの遠方者向けに交通費や宿泊費を補助してくれる眼科クリニックがあったり、術後の保障(再手術の場合の費用)をしてくれるところもあります。


以上のように、キャンペーン期間中だけ価格が下がったり、レーシック(近視レーザー手術)の種類やウェーブフロントレーシックの追加、執刀医の指名によって価格が変動することがあるので、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。


レーシック(近視レーザー手術)の手術費用だけで何処の眼科クリニックで受けようかを決めるのは、これらのトータル的な費用の比較が必要となり、すこし面倒かもしれません。


しかし、同じレーシック(近視レーザー手術)を受けるなら少しでも安い眼科クリニックで受けたいと思うのが人情です。


よく料金だけでレーシック(近視レーザー手術)の種類や眼科クリニックを選ぶなと記載しているサイトがありますが、いくら信用できるところでも100万円もしたら誰も受けませんよね?


安くて安心して受けられるレーシック(近視レーザー手術)!それが理想ですね。


<まとめ>

●レーシックは都心で受けた方が断然安い!
●やはり同じレーシックを受けるならばできるだけ安い方が良い!
●できるだけ安い眼科クリニックの中から信頼できる眼科クリニックを探そう!それが現実的!
●地方の従来のレーシックよりも都心の最新型イントラレーシックの方が安い!




 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ