なぜ?あなたはレーシック(近視レーザー手術)を受けたいのですか?



<なぜ?あなたはレーシック(近視レーザー手術)を受けたいのですか?>


近年、長年に渡って近視や乱視、遠視で悩んでいた人たちがレーシック(近視レーザー手術)で視力を回復しています。


日本は世界的に近視人口が多いことで有名ですが、その結果メガネやコンタクトレンズによる視力矯正を行なっている人が大多数です。


la-18.gif


しかし、近年になってレーザーを用いた画期的な視力回復法「レーシック」の登場により、そのメガネやコンタクトレンズの煩わしいメンテナンスから開放され、快適な裸眼生活を手にする人たちが急増しているのです。


裸眼による視力矯正方法であるレーシックは、医療用レーザーであるエキシマレーザーを使用した安全で視力回復の効果が非常に高い近視矯正法です。しかし、いくらレーザーを用いた安全なレーシックと言えども角膜を切開することには変わりなく、外科的手術と同様にそのリスクはゼロとは言えません。


しかも、屈折異常である近視や乱視、遠視などは病気として認められていないので、レーシック(近視レーザー手術)による屈折矯正は健康保険の対象外となり、その手術費用は自由価格になっています。


数年前のレーシックではその手術費用は50〜60万円と非常に高額で、お金持ちでしかレーシック(近視レーザー手術)を受けることが出来ませんでした。


しかし、近年になってレーザー技術・医療技術の目覚しい発展と共に信頼性が高まり、アメリカを中心に爆発的に需要が伸び、その結果、レーシック費用も次第に安くなってきました。


l-66.gif


そして、現在では日本でも都心の有名眼科クリニックでのレーシック(近視レーザー手術)手術費用は約10〜18万円と比較的安価になり、一般市民でも手が届く価格になっています。


いくら安くなったと言っても一般市民にとっては依然として高額に変わりありません。
しかもリスクもゼロではありません。


それにも関わらず裸眼視力を得るためにレーシック(近視レーザー手術)を切望する人は増加し続けているのです。


それはいったい何故でしょうか?
なぜ?あなたはレーシック(近視レーザー手術)で裸眼視力を回復させたいのですか?


手術のリスクがゼロではなく、しかも手術費用が高額であるにも関わらず、それでもレーシック(近視レーザー手術)を受けたいのですか?


もちろんレーシック(近視レーザー手術)による術後のトラブルは極めて低いため、別に何も心配せず、手術費用も手術給付金や医療控除、ローンなどを利用して気軽にレーシック手術を受けている方も多数入ることは事実です。


それでも一向に構わないと思いますが、万が一のことを考慮に入れてレーシック(近視レーザー手術)を受けたほうが後々後悔しないと思います。


自分がこの点さえしっかりとクリアできれば、後は非常に高い確率であなたは素晴らしい裸眼視力を得ることが出来ると思います。


l-11.gif





 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ