コンタクトレンズによる主な眼障害


<コンタクトレンズによる主な眼障害>


la-26.gif



コンタクトレンズ装用によって起こる様々な症状は、コンタクトレンズによる何らかのトラブルサインです。
なかには放っておくと重篤な眼の障害に発展してゆくこともあります。


コンタクトレンズは本来、自分の眼には存在しない異物です。
誤った取り扱いや使い方をすれば誰でも眼の障害が起こる可能性があります。


大切な眼をコンタクトレンズによって起こる眼の障害から守るためには、きちんとした正しい取り扱いとケアが大切で、正しい装用をすることがとても重要です。


また、コンタクトレンズを使用していて異常を感じたら無理な装用をせずに眼科専門医に相談することが大切です。


<コンタクトレンズによる主な眼障害>


点状表層角膜症
角膜浮腫
角膜びらん
レンズエッジの圧痕
角膜浸潤
角膜潰瘍
角膜新生血管
角膜内皮障害
巨大乳頭結膜炎
細菌性角膜炎
SEAL(Superior epithelial arcuate lesion)






 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ