コンタクトレンズによる角膜内皮細胞へのダメージ!


<コンタクトレンズによる角膜内皮細胞へのダメージ!>


la-31.gif

コンタクトレンズは角膜上皮に装着します。


つまり、コンタクトレンズを使用した場合の角膜内皮細胞への酸素の供給は、


「コンタクトレンズ」→「角膜上皮細胞」→「角膜内皮細胞」となります。


コンタクトレンズは角膜上皮細胞への酸素供給を邪魔します。
さらには角膜上皮細胞への酸素供給が断たれ、角膜内皮細胞はさらに酸欠状態となります。


近年、酸素を通過しやすいと謳われているコンタクトレンズでも、装着時間に制限が設けられています。この最大の理由の一つが、酸欠状態にある角膜内皮細胞の保護が目的なのです。


しかし、コンタクトレンズ愛用者の方々は、なかなか装着時間の制限を守っていないのが現状のようです。ひどい時には面倒なのかしれませんが、コントクトレンズを長時間装用しっぱなしの状態で過していることもあるようです。


このように長期間にわたるコンタクトレンズの使用は、角膜内皮細胞へ確実にダメージを与えています。


la-24.gif


しかも、角膜内皮細胞は神経が無いために痛みや視力障害などの自覚症状を伴わず進行して行きます。


障害がある限界を越えると角膜浮腫という状態になり、角膜の透明性を維持できなくなって視力低下や失明状態となります。角膜浮腫まで進むと治療方法は現状では角膜移植しかないようです。


【若年者の正常角膜内皮】

細胞密度(1平方ミリメートルの細胞数)は3000近くあります。
細胞の大きさも均一でばらつきも少なくきれいに配列します。


【コンタクトレンズ長期装用者】

長期間にわたる酸素を通さないコンタクトレンズを使用した場合には、
慢性的な酸素不足によって角膜内皮細胞が減少します。

細胞密度は約1500となり正常の約半分程度になります。
細胞の大きさにもかなりばらつきが発生します。


【コンタクトレンズ連続長期装用者】

眼内レンズが普及していない頃に連続装用タイプのソフトコンタクトレンズを
長期的に連続使用したために、細胞密度が700以下になる場合があります。

これ以上のコンタクトレンズの装用は、水疱性角膜症に発展しかねませんので、
かなり危険な状態になります。






 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ