コンタクトレンズによる眼の異常が増加中!


<コンタクトレンズによる眼の異常が増加中!>


la-16.gif

最近、コンタクトレンズを愛用している方々から眼の異常を訴えて眼科を受診しているケースが増加しているようです。


世界的にも近視人口の多い日本でのコンタクトレンズ使用者数は現在のところ約1300万人(日本コンタクトレンズ協会調べ)にも達しています。


今後、さらに眼の異常を訴える人が増加することが予想されます。


これらのコンタクトレンズ愛用者の眼の異常を訴える原因には大きく分けて2つのケースに分類されるようです。



【T.眼科専門医が処方しているケース 】

1. コンタクトレンズカーブが合わず、角膜に傷がつき視力障害を起こした。
2. 角膜異常に気付かず処方して視力低下を起こした。
3. 細菌性の感染症に気がつかず処方し、炎症が悪化した。
4. 度数の異なるコンタクトレンズを処方したため眼精疲労・頭痛を起こした。


【U.正しく使用していないケース】

1. コンタクトレンズを装着したまま寝ている。
2. 使い捨てレンズだがもったいないため長期にわたって使用している。
3. コンタクトレンズを不衛生的な水等で洗浄している。
4. カラーコンタクトレンズを友達同士で使い回している。


コンタクトレンズは「医療用具」のため、販売する際、必ず検眼処方は医師がすることが義務付けられていますが、コンタクトレンズは眼科専門医でなくても処方できるので、眼に発生している病気や異常に気がつかず処方してしまうケースがあるようです。


la-18.gif


また、最近では医師による検査が省け、安くしかも簡単にインターネットで購入できるためコンタクトレンズによる眼の異常を訴える人が増加することが懸念されます。






 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ