◆◇◆あなたはいったい何を基準に「レーシック&眼科クリニック」を選びますか?◆◇◆


 1 レーシック手術は、あなたに 再びあの快適な裸眼生活をもたらしてくれます。  

 2 毎日、あの面倒なメガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放してくれます。 

 3 レーシック体験者のほとんどの方が「もっと早く知りたかった」と言っています。

自分に最適なレーシック手術(近視レーザー治療)を!テレビでおなじみ”エロかっこいい”の歌姫「倖田來未さん」や、映画やドラマ、CM出演で活躍中のタレント「乙葉さん」、さらには物まねタレントとして誰もが知っている「コロッケさん」や、超大物の「島田伸介さん」、「松方弘樹さん」もレーシック手術(近視レーザー治療)を受けています。

また、アメリカ大リーグで活躍中の「松坂大輔投手」、ゴルフ界では世界の超一流プレイヤー「タイガー・ウッズさん」、世界の女性を虜にしている二枚目俳優「ブラッド・ビットさん」もレーシック手術(近視レーザー治療)を受けています。 その他、各界の著名人が多数レーシック手術(近視レーザー治療)を受けています。

このように有名人がレーシック手術(近視レーザー治療)を受けたことで、その安全性が実証されたため一般市民の間でも急速に広まっています。また、これほどまでにレーシック手術(近視レーザー治療)が普及した理由として、「手術が短時間で済む」、「視力回復効果が高い」、「安全性が高い」などが考えられます。

レーシック手術(近視レーザー治療)受診ガイド 【MENU】

  「無料説明会&無料適応検査」は有効活用しよう!

有名眼科クリニックでは毎月全国の札幌、東京、大阪、神戸、北九州などで無料説明会や無料適応検査が行なわれています。説明会では、レーシックについての説明とレーシック経験者による体験談などを聞くことが出来ます。そして、最大のメリットはクリニックスタッフや眼科医、体験者との交流ができ疑問に思ったことや知りたいことが気軽に聞くことが出来ることです。 無料説明会は是非とも参加しよう!
また、是非とも無料適応検査も有効活用すべきです。まず無料適応検査でレーシックの可否を確認し、それからレーシックを受けるかどうか検討すれば良いのです。その次に、どこのレーシック施設で受けるべきかを検討した方が能率的です。適応検査を受けずにレーシックを受けようかどうかについて悩むのはナンセンスです。 いざレーシックを受けようと思っても適応検査でダメだったらショックが大きくなります。
ですから是非とも適応検査を受けてからレーシックを受けるかどうかを検討しましょう!


 有名人もレーシックを受けている

有名人もレーシックを受けている「松坂大輔投手」や「歌姫倖田來未さん」をはじめ、近視で悩んでいた各界の有名人が続々とレーシックを受けています。各界の有名人がレーシックを受けると言うことは、その安全性がかなり高いと言えます。 なぜなら、有名人がレーシックで失敗した場合にはあっという間に世間に広まってしまうからです。

 レーシックとライフスタイル

レーシックとライフスタイル あなたは「なぜ?」レーシックを受けようとお考えですか?「美容上でメガネやコンタクトレンズを使用したくない」、「裸眼でスポーツをより楽しみたい」など様々な理由があると思います。自分のライフスタイルを十分に考慮したうえで自分に最も適したレーシックを選ぶことが大切です。

 レーシックの利点と欠点

レーシックの利点と欠点レーシックは近視や乱視、遠視などの屈折異常を治してくれる画期的な視力回復手術です。しかし、そんなレーシックにも利点ばかりでなく欠点も存在します。また、レーシックには種類があり、そのそれぞれの特徴をしっかりと理解し十分に納得してから手術を受けるようにしましょう。

 まずは適応検査から

適応検査 レーシックを受けようかどうか迷った時、まず最初に行なうべきことは適応検査を受けることです。なぜなら、せっかくレーシックを受けようと決心しても適応検査でダメな場合があるからです。とにかくレーシックが受けられるかどうかの確認してから手術の検討を行った方が賢明です。

 賢い眼科クリニックの選び方

賢い眼科クリニックの選び方 眼科クリニックによって受けられるレーシックは限定されています。最新式のイントラレーシックは日本で4施設しか行なわれていません。通常のレーシックでも最新式機器を導入しているかどうかでその結果に大きく影響を与えてしまいます。これらのことを事前にしっかりと調べてから手術を受けるようにしましょう。

 レーシックの実際と注意点

レーシックの実際と注意点 いざレーシックを受けようと決心した時、最も気になるのが手術の内容です。実際にどのような操作手順で行なわれているのか、また手術を受ける際にはどのようなことに注意すれば良いのかが気になります。もちろん手術後のアフターケアや注意事項をしっかりと把握しておきましょう。

 レーシックの後遺症・合併症

レーシックの後遺症・合併症 レーシックを受けた場合、そのほとんどの方が一時的な後遺症や合併症を経験します。また、まれに近視の戻りなどの再手術が必要な場合もあります。レーシック手術前にはこれらの諸症状を十分に理解しておき、不要な不安を抱かないように準備しておきましょう。

 手術給付金と医療控除

手術給付金と医療控除レーシックは自由診療です。健康保険の対象外であり、各施設によりその価格が自由に設定できます。しかし、自分の加入している保険会社によってはレーシックによる手術給付金を受け取れる場合があります。レーシックを受ける前には必ず確認しておきましょう。また、給付金がもらえなくても確定申告時には医療控除が受けられます。

 レーシック体験談

レーシック体験談実際にレーシックを受けた体験者のレポート(体験談)を読むことは非常に参考になります。できるだけ数多くの様ざまな立場にたった体験談を読むことをおすすめします。読めば読むほどレーシックの素晴らしさを知ることになるでしょう。

 コンタクトレンズの恐怖

コンタクトレンズの恐怖近視の最もポピュラーな矯正方法はコンタクトレンズの装用です。スポーツや美容上でメガネの使用を気にする人たちはメガネよりもコンタクトレンズの方を好みます。しかし、このコンタクトレンズの使用にも落とし穴があります。長期使用することによって角膜細胞に損傷を与えてしまうのです。

 おすすめリンク集

おすすめリンク集 当サイト「レーシック(視力回復・近視矯正手術)の正しい選び方」とレーシックに関するコンテンツを持つサイト様との相互リンク集です。興味のある方はご参考になさって下さい。

 

レーシックを受けたいけど安くて安全な眼科クリニックはどこ?
最新 レーシック イントラレーシック
最新イントラレーシック
最新Zレーシック、アイレーシック

Last UpDate 2015年9月09日
 
お問合せリンクについてこのサイトについてサイトマップ